フォトリーディングで1000冊読破

フォトリーディングで読んだ おすすめ本のマインドマップと備忘録___φ(。_。*)
書籍をパラパラめくって5分、マインドマップに30分前後、コレでちゃんと理解可能ょv

 

新版 あなたもいままでの10倍速く本が読める

★あの大ベスト&ロングセラー学習法が、改良・進化したパワーアップ版で登場!

2001年の発刊以来、「文書を脳に写し取る」という驚きのスキル
=「フォトリーディング」の唯一の解説書として、
ビジネスパーソン、クリエイター、学生、教育関係者等、
多くのオピニオンリーダーから絶賛され、
43万部を超える大ベストセラーとなった一冊
『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

単なる速読術を超え、
「高度情報化時代の『情報編集技術』」
として認知されはじめたフォトリーディング。
人間の潜在能力を引き出すまったく新しい方法として
多くの人々が実践。新聞・雑誌でも大注目となりました。

また、フォトリーディング実践者の中からは、
経済評論家・勝間和代さんをはじめとする
多くのベストセラー作家が誕生しています。
(その理由とは? 詳しくは今回のキャンペーンの特典音声を!)

このたび新刊として登場した
『新版 あなたもいままでの10倍速く本が読める』は、
著者のポール・R・シーリィによる最新改訂版を、
改訂部分のみならずすべて新たに翻訳し直し、
旧版では割愛されていた2章分を含め、
完全版となりました!

<本書の内容&キャンペーンの詳細はこちら!>
http://www.forestpub.co.jp/amazon/10bai/
監修者・神田昌典の録り下ろし音声プレゼント!

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R.シーリィ,神田 昌典,井上 久美


★「新版」は、最新スキル&大増ページの「完全版」!

視覚と脳の関係、さらに記憶法にまで言及した
「フォトリーディング経験を豊かなものに」

初めてフォトリーディングに触れた人が陥る不安を解消する
巻末付録「フォトリーディング初心者のためのQ&A」

の新章が加わり、ページ数も大幅にアップ!

もちろん情報編集技術「フォトリーディング」は、
より効果的に、よりパワフルにあなたの読書力を高めるため、
ステップが改良・進化された最新バージョン!
すでに既刊をお読みの方にも、満足いただけるものです。


「ページをパラパラとめくって、脳に写し取る」

この常識破りの学習法を手に入れたら、あなたは何に使いますか?

<本書の内容&キャンペーンの詳細はこちら!>
http://www.forestpub.co.jp/amazon/10bai/
監修者・神田昌典の録り下ろし音声プレゼント!

フォレスト出版 公式メルマガより引用

マインドマップ for kids

子ども用の「マインドマップ」本が出ていますv

マインドマップは現在、教育機関にも普及しはじめているとのこと。たとえば、千代田区立九段小学校では、小学4年生の国語の授業において、マインドマップが取り入れられたそうです。

子どもと一緒に学んだり、マインドマップを知る最初のとっかかりとして導入してみてもいいかもしれませんね。

------------------------------------------------------- by.amazon

使いはじめると、とにかく頭を使うのが楽しくなる、脳にとっての自然なノートの取り方「マインドマップ」。その方法を、カラフルなイラストでわかりやすく紹介する。さあ、いっしょに遊びながら学んでいこう!

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典

子供向けなので簡単です。
もっと詳細に知識がほしい場合は専門書を読む必要がありますが、ロジックの理解には十分。

本書を読めば、マインドマップの基礎がバッチリです。
子供から大人まで、細かくマインドマップの作り方が分かります。とても丁寧で驚きました。 実例も豊富です。算数・歴史・英語・国語・化学。遊びの計画を立てる時にも役立つよう説明がなされています。基本的に子供向けなので、カラフルに仕上がっています。

10月27日は文字・活字文化の日

今日は「文字・活字文化の日」なんだそうです。

 読書週間初日の10月27日を「文字・活字文化の日」と定め、「言語力」を育てることを目指した法案が今月下旬にも国会に提出される見通しとなった。超党派の国会議員286人がつくる活字文化議員連盟が成立を目指す「文字・活字文化振興法案」。

 法案骨子には「人類が蓄積してきた知識や知恵の継承や向上、健全な民主主義の発展には文字・活字文化は欠かせない」と明記。

 さらに、読み書きにとどまらず、調べる力や伝える力を含む幅広い能力を表す言葉として「言語力」との概念を規定。教職員の資質向上、学校図書館の充実などを通じて、学校教育における言語力の涵養を図るよう、国や地方公共団体に求めている。

イマイチ、堅いですよねぇ。
「涵養」なんて使わないしw
これだから、活字離れが起きても仕方ないんじゃないかと思ったり。

ウェブの書斎

ウェブの書斎


新作・名作・話題作の電子書籍が、
3千冊以上ラインナップ。

ここでしか買えない新潮文庫の復刻版もアリ。

『ウェブの書斎』は電子書籍なので、
購入後スグに読むことができるってのも
せっかちさんには魅力かな〜

オーディオブック!? さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

2005年最大のベストセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」が、なんとオーディオブックとなって、iTunes Music Storeから900円で発売されました。

プレビューができるので、冒頭部分を聞いてみたんだけど、「さお屋〜 さおだけ〜」なんて部分は、ちゃんとさおだけ屋さんのスピーカーから聞こえてくる、あの調子で読んでくれる。大笑いしてしまった♪

もちろん、ご本人が読んでるワケではなく、プロのナレーターさんが読んでくれているんだけど、ビジネスショーで何らかのナレーションを聞いてるような、妙によそよそしい感じがする。この本、オーディオブックとして適してるのかなぁ?

やはり、何度も聞きたい本をオーディオブックにして欲しい。神田昌典さん、本田健さんクラスの本がオーディオブックになったら、もっと高くたって、速攻購入するのになぁ。。。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」のオーディオブック
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学のオーディオブック

最近の投稿

カテゴリ一覧

リンク

フォトリー&マインドマップ

プロフィール

ブログ内検索

最近のコメント

アーカイブ