著者にとっての読書とは、読んだ本の情報を覚えることでもなく、読書感想文を書くことも、内容をまとめることも、自分がどう感じたかを論じることも必要なく、徹底的に「活用」にこだわることなんだそうです。

もちろん、私も自分に役立ちそうな本を選び、生活や仕事に応用したくて読書しているワケなんだけど、内容をまとめただけのマインドマップを書いてしまっていたことも多々あったなぁ、と反省するキッカケを作ってくれました。

「一般的に大切だと思われること」と「自分がいますぐに活用できそうな気づき」とを混同させないようなマインドマップづくりを、今後は行っていきたいと思います。

なので、今後はスッカスカのマインドマップが登場するかも〜(笑)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎 栄一郎

モバイル 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)<モバイル用>

●「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」のマインドマップ
「結果を出す人」はノートに何を書いているのかのフォトリーディングで書いたマインドマップ

(注:マップの赤字は商品名)

マップ制作所要時間:25分
おすすめ本度:★★★☆☆
高速リーディングしたい度:★☆☆☆☆
何度でも読みたい度:★☆☆☆☆
この本を購入したい度:★☆☆☆☆