村上龍さんの小説、初めて読みました。
「おもしろい」という書評を読んでから読んだのですが、
軽快なテンポで、期待通りおもしろかったですね〜

中篇小説ということで、長くもなく短くもなく、
ちょっとした息抜きに読むにはちょうどいい長さです。

5篇の物語が収録されていましたが、あっという間に読んでしまって、
このシリーズをもっと読みたい!という衝動に駆られました。

新聞に掲載された小説をまとめたものなので、
もしかしたら今でも新聞に掲載されているなら読みたいぞ!
と新聞名を見てみると、我が家で取れる全国紙の新聞はなく、ガッカリ。
まぁ、まだ掲載されているのかどうかはわかりませんがw

どんな年代であれ、性別や環境に関わらず数々の悩みを持つワケで、
その一人にスポットを当てると数々のドラマがある・・・
なんてのは一般的なことですが、心理描写がウマイのか、
かなりぐいぐいと引き込まれました。

これまた、ドラマや映画を見たあとのような臨場感です。

続編に期待したいですね〜


JUGEMテーマ:読書